カテゴリー別アーカイブ: syllabus

2016シラバス:表現教育内容基礎研究(df)(大学院)

科目名:表現教育内容基礎研究(df)
担当教員:高尾隆
対象学年:1年
クラス:01
講義室:芸展示2
開講学期:春学期
曜日・時限:時間外
単位区分:選択
授業形態:一般講義
単位数:2
受講対象:総合教育開発専攻表現教育コース総合教開専攻開設科目
備考:

ねらいと目標:
この授業の目的は、インプロ(即興演劇)を実際に体験しながら、さらに専門的に学んでいくことです。インプロとは、脚本も設定も何もないところから物語を創造していく演劇です。インプロは俳優、表現者が学んでいるだけでなく、チームワーク、コミュニケーション、創造力を高めるために学校教育や企業研修にも取り入れられています。この授業では、受け容れること、落ち着くこと、肯定的に考えること、自信を持つこと、失敗を恐れないこと、見られる恐怖を減らすことなどを学んでいきます。

内容:
この授業では、キース・ジョンストンによってつくられたインプロの方法論をもとに、さまざまなゲーム・アクティビティをおこなっていきます。この授業は実験室のようなものです。多くの試みをし、多くの失敗をしながら、学んでいける場にしたいと思っています。最終日にはショーケース(小公演)もやりたいと思っています。この授業には、演劇の経験はまったく必要ありません。受講生には、積極的な参加とかかわりをお願いします。

テキスト:
特にありません。

参考文献:
高尾隆,中原淳『インプロする組織―予定調和を超え、日常をゆさぶる』三省堂,2012年
キース・ジョンストン(三輪えり花(訳))『インプロ―自由な行動表現』而立書房,2012年
Johnstone, K. Impro for Storytellers. Routledge, 1999.
パトリシア・ライアン・マドソン(野津智子(訳))『スタンフォード・インプロバイザー―一歩を踏み出すための実践スキル』東洋経済新報社,2011年
高尾隆『インプロ教育:即興演劇は創造性を育てるか?』フィルムアート社,2006年
その他の参考文献は授業中にお知らせします。

成績評価方法:
・出席(25%)早退、遅刻は出席点が半分になります。
・レポート(75%)4日間毎日、小レポートを提出してもらいます。

授業スケジュール(展開計画):
1 8/6(土)2限 ワークショップ(1)
2 8/6(土)3限 ワークショップ(2)
3 8/6(土)4限 ワークショップ(3)
4 8/6(土)5限 ワークショップ(4)
5 8/7(日)2限 ワークショップ(5)
6 8/7(日)3限 ワークショップ(6)
7 8/7(日)4限 ワークショップ(7)
8 8/7(日)5限 ワークショップ(8)
9 8/8(月)2限 ワークショップ(9)
10 8/8(月)3限 ワークショップ(10)
11 8/8(月)4限 ワークショップ(11)
12 8/8(月)5限 ワークショップ(12)
13 8/9(火)5限 ワークショップ(13)
14 8/9(火)6限 ショーケース(発表会)
15 8/9(火)7限 ふりかえり

授業のキーワード:
インプロ,ワークショップ,ファシリテーション,アクティブ・ラーニング,チームアプローチ,グループ学習,発表会,ディスカッション

受講補足(履修制限等):

その他:
・授業は芸術館2階の展示室2でおこないます。
・期間は8/6(土)~9(火)です。
・授業中、走ったり、床に座ったりすることもあります。多少汚れても困らない、動きやすい格好で来てください。
・質問、相談がある方は、かならず事前に高尾までご連絡ください。(高尾研究室(芸術館2階)の扉に連絡先が書いてあります。)

2016シラバス:表現教育実践論演習C(d)(大学院)

科目名:表現教育実践論演習C(d)
担当教員:高尾隆
対象学年:1年
クラス:01
講義室:芸展示2
開講学期:春学期
曜日・時限:時間外
単位区分:選必
授業形態:一般講義
単位数:2
受講対象:共通選択必修科目B欄共通
備考:

ねらいと目標:
より豊かな授業や学級づくりに生かすことができる参加型、双方向型の学習方法について学びます。これらの手法は、学びの転換が言われ、コミュニケーション教育やアクティブ・ラーニングが推進される今後の学校教育において、核となるたいへん重要なものです。この授業では、より高度なファシリテーション(進行)を学び、ゲーム・アクティビティを活用した教科授業を開発し、模擬授業をおこないます。

内容:
まず、受講生のファシリテーションによってゲーム・アクティビティをおこないます(まかない)。次に、さまざまな演劇的手法を体験します。後半は、教科の枠でのゲーム・アクティビティを活用した授業を開発してもらい、外部の方々を生徒役でまねいて模擬授業をおこないます。受講にあたって、演劇の経験などはまったく必要ありませんが、積極的な参加とかかわりをおねがいします。

テキスト:
特にありません。

参考文献:
渡部淳・獲得型教育研究会(編)『学びを変えるドラマの手法』旬報社,2010年
渡部淳・獲得型教育研究会(編)『学びへのウォーミングアップ―70の技法』旬報社,2011年
小林由利子他『ドラマ教育入門』図書文化,2010年
その他の参考文献は授業中にお知らせします。

成績評価方法:
・平常点(25%)欠席、早退、遅刻は減点になります。
・授業中の課題(25%)
・レポート(50%)4日間毎日、小レポートを提出してもらいます。

授業スケジュール(展開計画):
1 8/25(木)2限 まかない(1)
2 8/25(木)3限 まかない(2)
3 8/25(木)4限 演劇的手法の体験(1)
4 8/25(木)5限 演劇的手法の体験(2)
5 8/26(金)2限 授業開発(1)
6 8/26(金)3限 授業開発(2)
7 8/26(金)4限 授業開発(3)
8 8/26(金)5限 模擬授業1準備(1)
9 8/29(月)2限 模擬授業1準備(2)
10 8/29(月)3限 模擬授業1準備(3)
11 8/29(月)4限 模擬授業1・ふりかえり
12 8/29(月)5限 模擬授業2準備(1)
13 8/30(火)3限 模擬授業2準備(2)
14 8/30(火)4限 模擬授業2・ふりかえり
15 8/30(火)5限 全体ふりかえり

授業時間外における学習方法:
授業の予習・復習をし、参考文献・関連文献を読んでください。

授業のキーワード:
演劇的手法,ワークショップ,コミュニケーション教育,模擬授業,アクティブ・ラーニング,チームアプローチ,グループ学習,発表会,ディスカッション

受講補足(履修制限等):
・この授業は新教員養成システム登録者の指定科目です。原則、新教員養成システム登録者以外の方は受講できません。
・学部授業「教職コミュニケーション論」を事前に受けていることが前提になります。
・受講についての質問、相談がある方は、かならず事前に高尾まで相談してください。(高尾研究室(芸術館2階)の扉に連絡先が書いてあります。)

その他:
・授業は芸術館2階の展示室2でおこないます。
・期間は8/25(木),26(金),29(月),30(火)です。
・授業中、走ったり、床に座ったりすることもあります。多少汚れても困らない、動きやすい格好で来てください。
・メールでやりとりをすることがあります。Eメール(携帯メールのみでなくパソコンメールも)がつかえるようにしておいてください。

2016シラバス:教職コミュニケーション論(学部)

科目名:教職コミュニケーション論
担当教員:高尾隆
対象学年:4年
クラス:51
講義室:芸展示2
開講学期:春学期
曜日・時限:集中
単位区分:選択
授業形態:講義
単位数:2
受講対象:自由選択共通
備考:教職に関する科目(新教員養成システム登録者指定科目)

ねらいと目標:
より豊かな授業や学級づくりに生かすことができる参加型、双方向型の学習方法について学びます。これらの手法は、学びの転換が言われ、コミュニケーション教育やアクティブ・ラーニングが推進される今後の学校教育において、核となるたいへん重要なものです。この授業では、基本的なゲーム・アクティビティとその考え方、ファシリテーション(進行)の仕方を学び、特別活動・道徳の枠でのコミュニケーションの授業を開発し、実践する力を養います。

内容:
はじめに、インプロ(即興演劇)や演劇ワークショップのゲーム・アクティビティを体験します。実際にからだを動かしながら学んでいきます。次に、受講者全員にゲーム・アクティビティのファシリテーションをしてもらいます(まかない)。後半は、特別活動・道徳の枠でのゲーム・アクティビティを活用したコミュニケーションの授業を開発してもらい、外部の方々を生徒役でまねいて模擬授業をおこないます。受講にあたって、演劇の経験などはまったく必要ありませんが、積極的な参加とかかわりをおねがいします。

テキスト:
特にありません。

参考文献:
渡部淳・獲得型教育研究会(編)『学びを変えるドラマの手法』旬報社,2010年
渡部淳・獲得型教育研究会(編)『学びへのウォーミングアップ―70の技法』旬報社,2011年
小林由利子他『ドラマ教育入門』図書文化,2010年
その他の参考文献は授業中にお知らせします。

成績評価方法:
・平常点(25%)欠席、早退、遅刻は減点になります。
・授業中の課題(25%)
・レポート(50%)4日間毎日、小レポートを提出してもらいます。

授業スケジュール(展開計画):
1 8/18(木)2限 ゲーム・アクティビティ体験(1)
2 8/18(木)3限 ゲーム・アクティビティ体験(2)
3 8/18(木)4限 ゲーム・アクティビティ体験(3)
4 8/18(木)5限 ゲーム・アクティビティ体験(4)
5 8/19(金)2限 まかない(1)
6 8/19(金)3限 まかない(2)
7 8/19(金)4限 授業への応用についてのブレーンストーミング
8 8/19(金)5限 模擬授業1準備(1)
9 8/22(月)2限 模擬授業1準備(2)
10 8/22(月)3限 模擬授業1準備(3)
11 8/22(月)4限 模擬授業1・ふりかえり
12 8/22(月)5限 模擬授業2準備(1)
13 8/23(火)3限 模擬授業2準備(2)
14 8/23(火)4限 模擬授業2・ふりかえり
15 8/23(火)5限 全体ふりかえり

授業時間外における学習方法:
授業の予習・復習をし、参考文献・関連文献を読んでください。

授業のキーワード:
演劇的手法,ワークショップ,コミュニケーション教育,コミュニケーションゲーム,インプロ,模擬授業,アクティブ・ラーニング,チームアプローチ,グループ学習,発表会,ディスカッション

受講補足(履修制限等):
・この授業は新教員養成システム登録者の指定科目です。原則、新教員養成システム登録者以外の方は受講できません。
・大学院授業「表現教育実践論演習C」の前段階にあたるものです。
・受講についての質問、相談がある方は、かならず事前に高尾まで相談してください。(高尾研究室(芸術館2階)の扉に連絡先が書いてあります。)

その他:
・授業は芸術館2階の展示室2でおこないます。
・期間は8/18,19(金),22(月),23(火)です。
・授業中、走ったり、床に座ったりすることもあります。多少汚れても困らない、動きやすい格好で来てください。
・メールでやりとりをすることがあります。Eメール(携帯メールのみでなくパソコンメールも)がつかえるようにしておいてください。

2016シラバス:演劇教育実践演習A(学部)

科目名:演劇教育実践演習A
担当教員:高尾隆
対象学年:3年
クラス:51
講義室:芸展示2
開講学期:春学期
曜日・時限:集中
単位区分:選必
授業形態:演習
単位数:2
受講対象:芸術スポーツ文化課程表現コミュニケーション専攻選択科目A
備考:偶数年度のみ開講

ねらいと目標:
戯曲をもちいたワークショップをデザインし、実際にファシリテーションできるようになることが目標です。

内容:
今回は不条理劇を取り上げます。はじめに、受講者に事前リサーチの発表をしてもらい不条理劇についての理解を深めます。次に、一作品のリーディング公演の準備をし、上演します。後半では、その作品をもちいたワークショップをデザインし、外部の方々を参加者としてまねいて実際にそのワークショップをおこないます。

テキスト:
ガイダンス、授業でお知らせします。

参考文献:
ガイダンス、授業でお知らせします。

成績評価方法:
・平常点(50%)欠席、早退、遅刻は減点になります。
・リーディング公演での貢献(25%)
・ワークショップの貢献(25%)

授業スケジュール(展開計画):
1 8/20(土)2限 リサーチ発表(1)
2 8/20(土)3限 リサーチ発表(2)
3 8/20(土)4限 不条理劇体験
4 8/20(土)5限 リーディング公演準備(1)
5 8/21(日)2限 リーディング公演準備(2)
6 8/21(日)3限 リーディング公演準備(3)
7 8/21(日)4限 リーディング公演(1)
8 8/21(日)5限 リーディング公演(2)
9 8/27(土)3限 ワークショップ準備(1)
10 8/27(土)4限 ワークショップ準備(2)
11 8/27(土)5限 ワークショップ準備(3)
12 8/28(日)2限 ワークショップ準備(4)
13 8/28(日)3限 ワークショップ(1)
14 8/28(日)4限 ワークショップ(2)
15 8/28(日)5限 ふりかえり

授業時間外における学習方法:
授業の予習・復習をし、参考文献・関連文献を読んでください。

授業のキーワード:
戯曲,リーディング,ワークショップ,不条理劇,アクティブ・ラーニング,チームアプローチ,グループ学習,発表会,ディスカッション

受講補足(履修制限等):
・受講希望者が多かった場合には受講者数制限をします。
・4/18(月)12:20から芸術館2階の演劇学研究室でガイダンスをおこないます。そこで授業の進め方、事前課題、受講者数制限について相談させていただきます。受講を考えている方は、かならずガイダンスに出席してください。出席していない場合は原則、履修はできません。ガイダンスに来られないけれども受講を考えている方は、かならず事前に高尾までメールで連絡してください。(高尾研究室(芸術館2階)の扉に連絡先が書いてあります。)

その他:
・授業は芸術館2階の展示室2でおこないます。
・期間は8/20(土),21(日),27(土),28(日)です。
・8/21(日)にリーディング公演を、8/28(日)にワークショップをおこなう予定です。
・授業中、走ったり、床に座ったりすることもあります。多少汚れても困らない、動きやすい格好で来てください。
・Eメールでやりとりをすることがあります。Eメール(携帯メールのみでなくパソコンメールも)がつかえるようにしておいてください。

2016シラバス:インプロ研究A(学部)

科目名:インプロ研究A
担当教員:高尾隆
対象学年:2年
クラス:01
講義室:芸展示2
開講学期:春学期
曜日・時限:火5
単位区分:選択
授業形態:演習
単位数:2
受講対象:教育支援課程教育支援専攻表現教育コース選択科目A
備考:偶数年度のみ開講

ねらいと目標:
演劇として、あるいは俳優訓練の方法としてだけでなく、演劇教育の手法としても、新しい学び方(パフォーマティブ・ラーニング)としても注目されているインプロ(即興演劇)を実際に体験しながら学んでいきます。インプロとは、脚本も設定も何もないところから物語を創造していく演劇です。インプロは俳優、表現者が学んでいるだけでなく、チームワーク、コミュニケーション、創造力を高めるために学校教育や企業研修などにも取り入れられています。この授業では、舞台の恐怖、想像力・創造力、協働、ストーリーテリング、キャラクターづくり、演出、観客との関係づくりなどを学んでいきます。

内容:
この授業では、キース・ジョンストンによってつくられたインプロの方法論をもとに、ゲーム・アクティビティをとおしてさまざまな即興表現を学んでいきます。演劇が中心ですが、音楽やダンスも取り上げます。この授業は実験室のようなものです。多くの試みをし、多くの失敗をしながら、学んでいける場にしたいと思っています。ショーケース(小公演)も数回やりたいと思っています。受講にあたって、演劇の経験などはまったく必要ありませんが、積極的な参加とかかわりをおねがいします。

テキスト:
特にありません。

参考文献:
高尾隆,中原淳『インプロする組織―予定調和を超え、日常をゆさぶる』三省堂,2012年
キース・ジョンストン(三輪えり花(訳))『インプロ―自由な行動表現』而立書房,2012年
パトリシア・ライアン・マドソン(野津智子(訳))『スタンフォード・インプロバイザー―一歩を踏み出すための実践スキル』東洋経済新報社,2011年
高尾隆『インプロ教育:即興演劇は創造性を育てるか?』フィルムアート社,2006年
その他の参考文献は授業中にお知らせします。

成績評価方法:
・平常点(50%)欠席、早退、遅刻は減点になります。
・授業中の課題(25%)
・レポート(25%)

授業スケジュール(展開計画):
1 ガイダンス,ワークショップ(1)
2 ワークショップ(2)
3 ワークショップ(3)
4 ワークショップ(4)
5 ワークショップ(5)
6 ワークショップ(6)
7 ワークショップ(7)
8 ワークショップ(8)
9 ワークショップ(9)
10 ワークショップ(10)
11 ワークショップ(11)
12 ワークショップ(12)
13 ワークショップ(13)
14 ワークショップ(14)
15 ふりかえり

授業時間外における学習方法:
授業の予習・復習をし、参考文献・関連文献を読んでください。

授業のキーワード:
インプロ,即興演劇,演劇教育,ワークショップ,パフォーマティブ・ラーニング,アクティブ・ラーニング,チームアプローチ,グループ学習,発表会,ディスカッション

受講補足(履修制限等):
・受講希望者が多かった場合には受講者数制限をします。
・初回授業(4/12(火))で今後の授業の進め方や受講者数制限について相談させていただきます。受講を考えている方は、かならず初回授業に出席してください。出席していない場合は原則、履修はできません。初回授業に来られないけれども受講を考えている方は、かならず事前に高尾までメールで連絡してください。(高尾研究室(芸術館2階)の扉に連絡先が書いてあります。)

その他:
・授業中、走ったり、床に座ったりすることもあります。多少汚れても困らない、動きやすい格好で来てください。
・Eメールやインターネット掲示板でやりとりをすることがあります。Eメール(携帯メールのみでなくパソコンメールも)、ウェブがつかえるようにしておいてください。

2016シラバス:Theatre Workshop(学部)

科目名:Theatre Workshop
担当教員:高尾隆
対象学年:1年
クラス:01
講義室:芸展示2
開講学期:春学期
曜日・時限:月5
単位区分:選択
授業形態:演習
単位数:2
受講対象:総合学芸領域:選択共通
備考:CA:(短プロ)

ねらいと目標:
To experience a theatre workshop.

内容:
The class is constructed with games, activities and group works based on a theatre theory called “impro”(improvisational theatre). Foreign (ISEP) students and Japanese students will be mixed at the class. Students will be able to experience cross cultural communication including both verbal and non-verbal. We might make a group theatre performance. Theatrical experience is not needed. Active participation will be welcomed.

テキスト:
None.

参考文献:
Johnstone, K. Impro:Improvisation and the Theatre. Routledge, 1979.
Johnstone, K. Impro for Storytellers. Routledge, 1999.

成績評価方法:
Attendance, class participation and final report in English.

授業スケジュール(展開計画):
1 workshop(1), guidance
2 workshop(2)
3 workshop(3)
4 workshop(4)
5 workshop(5)
6 workshop(6)
7 workshop(7)
8 workshop(8)
9 workshop(9)
10 workshop(10)
11 workshop(11)
12 workshop(12)
13 workshop(13)
14 workshop(14)
15 reflection

授業時間外における学習方法:
Reflection and reading relevant books.

授業のキーワード:
Playfulness, spontaneity, imagination, creativity, storytelling, courage, facilitation, communication and collaborative innovation.

受講補足(履修制限等):
The number of Japanese students of this class will be restricted. There will be a selection at the first class on April 18.

その他:
None.

2016シラバス:ワークショップの技法(学部)

科目名:ワークショップの技法
担当教員:高尾隆
対象学年:1年
クラス:01
講義室:芸ホール
開講学期:春学期
曜日・時限:月1
単位区分:選必
授業形態:演習
単位数:2
受講対象:総合学芸領域:分野A共通
備考:CA:(A)領域

ねらいと目標:
ワークショップとは学びや創造のためにおこなわれる参加体験型グループ活動です。芸術創作、学校教育、企業活動、まちづくりなどにも取り入れられています。この授業では、ワークショップのファシリテーション(進行)の技法の基礎を体験しながら学びます。副産物として、人とかかわったり、自分を表現したりするのを楽にする方法について学べます。また、他の専攻、学年の友人をつくることもできます。将来教師になった時にゲーム・アクティビティを活用したいと考えている方、また、アクティブ・ラーニングやグループワークなどに興味のある方にとっては、新しい学びの技法を身につけることができるというメリットがあります。

内容:
この授業では机や椅子は基本的につかいません。授業はおもに演劇ワークショップやインプロ(即興演劇)のゲーム・アクティビティをおこなうことによって進めていきます。実際にからだを動かしながら学んでいきます。演劇以外の芸術ジャンルのワークショップも体験してもらいます。後半ではゲーム・アクティビティのかんたんなファシリテーションも体験してもらいます。受講にあたって、演劇の経験などはまったく必要ありませんが、積極的な参加とかかわりをおねがいします。

テキスト:
特にありません。

参考文献:
高尾隆,中原淳『インプロする組織―予定調和を超え、日常をゆさぶる』三省堂,2012年
キース・ジョンストン(三輪えり花(訳))『インプロ―自由な行動表現』而立書房,2012年
パトリシア・ライアン・マドソン(野津智子(訳))『スタンフォード・インプロバイザー―一歩を踏み出すための実践スキル』東洋経済新報社,2011年
高尾隆『インプロ教育:即興演劇は創造性を育てるか?』フィルムアート社,2006年
その他の参考文献は授業中にお知らせします。

成績評価方法:
・平常点(50%)欠席、早退、遅刻は減点になります。
・授業中の課題(25%)
・レポート(25%)

授業スケジュール(展開計画):
1 ワークショップ(1),ガイダンス
2 ワークショップ(2)
3 ワークショップ(3)
4 ワークショップ(4)
5 ワークショップ(5)
6 ワークショップ(6)
7 ワークショップ(7)
8 ワークショップ(8)
9 ワークショップ(9)
10 ワークショップ(10)
11 ワークショップ(11)
12 ワークショップ(12)
13 ワークショップ(13)
14 ワークショップ(14)
15 ふりかえり

授業時間外における学習方法:
授業の予習・復習をし、参考文献・関連文献を読んでください。

授業のキーワード:
ワークショップ,ファシリテーション,ゲーム,アクティビティ,アクティブ・ラーニング,チームアプローチ,グループ学習,ディスカッション

受講補足(履修制限等):
・受講希望者が多かった場合には受講者数制限をします。
・初回授業(4/18(月))で今後の授業の進め方や受講者数制限について相談させていただきます。受講を考えている方は、かならず初回授業に出席してください。出席していない場合は原則、履修はできません。初回授業に来られないけれども受講を考えている方は、かならず事前に高尾までメールで連絡してください。(高尾研究室(芸術館2階)の扉に連絡先が書いてあります。)

その他:
・授業は芸術館1階のホールでおこないます。
・授業中、走ったり、床に座ったりすることもあります。多少汚れても困らない、動きやすい格好で来てください。
・Eメールやインターネット掲示板でやりとりをすることがあります。Eメール(携帯メールのみでなくパソコンメールも)、ウェブがつかえるようにしておいてください。